島田の特徴•食文化
 
TOP
 
 
若竹の歴史
天保3年、初代重兵衛が創業。
現在当主は六代目にあたります。最盛期には7軒あった島田の造り酒屋も、昭和45年頃には次々と蔵をたたみ、当蔵も廃業の危機に晒されました。そんな時「島田の酒を絶やさないで」と応援していただいたのは、地元の異業種交流会『若竹会』のメンバーの皆さんでした。

また昭和50年、古文書に伝わる酒を「若竹鬼ころし」として復活させたのも、昭和55年「おんな泣かせ」を世に出したのも、地元の支援があったからこそでした。ここまで「若竹」が支えられた理由の一つには、五代目当主松永始郎の存在があります。

永い大村屋酒造場の歴史を語る上で、決して欠かす事のできない人物です。

明治40年に生まれ先年91歳の生涯を閉じるまで、島田と日本酒をこよなく愛し、この地で佳い酒を造ることに人生のすべてを捧げた、静岡を代表する醸造家でした。


若竹の特徴
水は、南アルプスを源とする大井川の伏流水で、大変豊富で良質な軟水です。
平成17BYの造りから新しい精米機を導入、21BYからは新たに洗米機を導入。原料処理により力を入れます。
麹は手を入れて手をかけ、五感で感じて造る。この考えにより、レギュラー酒から大吟醸まで全量10kg盛の麹箱で製麹しています。

  温暖な気候のため、特に冷却に気を使います。仕込みタンクは全て冷蔵庫内に設置してあり、夏場の貯蔵タンクも全て冷蔵管理です。
掛米は、蒸した後、予定温度まで冷ますのに、放冷機を通した後、冷凍庫で冷却し仕込んでいます。
若竹は、飲んで本当に美味しいお酒を目指し、個性輝く地酒造りをしていきます。
 
Copyright (C) 2010 OOMURAYA. All Rights Reserved.
TOP